FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2009.02.09 *Mon

ガンダム00第18話 「交錯する想い」詳細すぎる感想

なんか色々と考えていたらこんな時間になってしまいました一二三です!
バレンタインデーになにをしようか、と悩んでいたわけで(オタク的な意味で)(リアルは?)

・SS
とりあえず、今週中に病院パロの話をいっこあげたいと思います!
ロクティエで出会い編なのですが…思ったより甘くなってしまいました。
どうにもこうにも二人をいちゃこらさせるのが楽しくて仕方がなくて!

・本編感想
いつもより長いかも?
書きながら私って00とティエリアが本当に大好きで仕方がないんだな、と自分でも苦笑したww

そんなながーーい感想でもよろしければ追記よりどうぞ!
00は1期といい17~18話当たりで展開が加速するのが好きなのかw
世界情勢も人間関係も急展開な18話の感想いってみよう!

・4ヶ月という月日
大統領の復興演説を聞いていると、やっぱり91/1テロの後を思い出すな…
「反連邦組織が悪い」と悪の所在を名指しするあたり、特に。
恨みの矛先を一点に集中させることが、政権安定・国民意識の統制には一番てっとりばやいもんな。メメントモリやアロウズの正当化もやりやすいだろうし…。
そしてカティはとうとうアロウズを離れたんですね(お供のワンコを連れて)
セルゲイの死、アロウズのやり方に絶望し独自で動き出したの、か?

というか良男が何食わぬ顔で生きていて吹いたwあれ?

・しょっぱなから急展開
メメントモリ2破壊ミッション!
まさか、あっさりアバンで終わるとは…急展開だな、おい!
しかし00のチートビームサーベルは…すごく、長いです…。

・物語の裏側で
追い詰められていく反連邦組織。
アロウズはとうとう戦場以外でもオートマトンの使用をはじめたんですね…。
シーリンはうねりの中に飲み込まれていく自分たちを憂い、クラウスは相変わらず能て…じゃなかったポジティブだなぁ。
しかし、姫は1期のとき皇女として外交していた姿より、こうやってお母さん的なことをやっている姿のほうが似合うな。ホント、いいお母さんです。
でも、ゴロゴロしたーいのラジオ電波ジャックは…えw誰の策略ですか。

・ソーマ帰還
久々のソーマに不謹慎ながら、なんだか嬉しくなってしまった。
聖母のようなマリーも好きだけど、やっぱり毅然と戦うツンツンソーマが愛しいな。
「マリー…」「マリーと呼ぶな!」の二人の会話が好き。
アレルヤは冷たくあしらわれている姿がどうしてこんなに似合うんだろう(ひでぇ!)

・セルゲイをめぐる二人の子供
ソーマはアンドレイに対して、どうしようもない憤りを感じているみたいですね。
家族を持たない彼女にとってセルゲイさんはたった一人の「父」。
「貴方の娘になりたい」と願えども叶わなかったソーマには、実の父をその手で殺したアンドレイの気持ちは理解できない。

・フラレタ・ブラザーズ
亡き大佐に誓ったことを守りたい、ソーマリーを危険な目に合わせたくない、というアレルヤ。
大佐の仇を討ちたいと願い、戦うことを選ぶソーマ。
相手を大切に思うなら意志を尊重してやれ、か…。
たしかにアレルヤは自分の理想を押し付けていたのかもしれないね。
そして、マリーを思うあまりにソーマの気持ちを蔑ろにしていた…。
アレルヤとソーマリーが共に生きていく上で、お互いの中にいる「もう一人の自分」を認め合うことが必要なのかもしれない。

ルイスのことをおもうサジも「相手の意志を尊重する」ことの難しさを胸に抱えている。
家族の仇の為に戦いたいと望む彼女に何を言えばいいのか…。
ホント難しいよね…相手の意志を尊重するって言うのは簡単だけど、実行するのは難しい。

しかしシリアスなシーンなんだけど、サジのパイスーの腕が気になって気になって仕方がないwwなにあれw

・刹那を蝕む細胞性毒
ラッセも苦しみ続ける、疑似GN粒子による細胞障害。
しかもこれ全身に広がっていくのか…転移(この場合は浸潤?)癌みたいだな。
しかし、その進行が極めて緩やかなのは…00に乗っているから、か?
疑似GN粒子の毒性を押さえるのは高濃度の純正GN粒子ってのはありえそうだな。

「こういうときにヴェーダにアクセスできれば…」
ここでヴェーダ奪還フラグktkr!
ヴェーダの中にはGN粒子による障害についての治療データがあるって話、外伝であったね。
たしか、874ちゃんがヴェーダからデータを引き出してモレノさんに伝えてたよなぁ。
ティエリアもヴェーダ内にそういうデータがある事は知っているようですね。

「切り札は…俺のガンダム!」と決意する刹那が男前できゅんきゅんするよ。

・リューミンとリボンズ
世界の変革を望むリューミンは、自らもイノベーターになることを望んでいたんですかね?
イノベーターになって人類よりも優位に立ちたいと願うのか、それともイノベーターとして長く生きることで世界の変革を見届けたいのか…。
真意は分からずじまい。
ただ確実に言えるのは、リューミンはすでに「悪意」の存在になっていることですね。
世界が変わるのなら、その過程で世界がどうなってもかまわない…。

そんなリューミンを「君はイノベーターになれない」と鼻で笑うリボンズ様。
ホント、リューミンに対して扱いが酷いなw女性に「美貌が朽ちていくように」とかいっちゃだめ!
利用価値がなくなれば捨てるのか…コーナーさんちの金ピカ野郎みたいに、ね。

・イノベーターになる方法
今回の話から察するに、後天的にはイノベーターになれないのですかね。
ルイスやアリーはイノベーターではなく、ただの改造ということか?
外伝のように、死んだ人物と似たイノベーターとして再生することはできるけど、本人自身がイノベーターにはなれない…?
そもそもイノベーターの定義って、外伝で読む限り
「脳量子波をつかえるもの」
「細胞を1つ1つ積み重ねて作り上げた人型に人格データをいれたもの」でいいのかな。
それと「人とは異なるナノマシンを体内に有し、老いが極端に抑制されている」かな。
でも脳量子波に限れば、ルイスはナノマシンを服用する事で扱えている節があるしなぁ…。

・リジェネの策略
リジェネがリューミンとコンタクトをとっていることは、リボンズにダダもれだったんですね。
イノベ同士にプライバシーはあまりないのかw
人にあまり興味のないニートリジェネがどうしてリューミンに手引きするのか…。
リジェネはまだまだ腹の内に何かを抱えていますね。

・アンドレイとルイス
アンドレイは決して自らの口から「自分の意志で、殺意をもって、父と知り合いを殺した」とは言わないんですね。
あくまでも「偶然倒したのが首謀者だった」と嘘をつく。
それはルイスに自分がしたことを知られたくなかった、のかもしれない。けど、ちょっと卑怯。
父殺しを知られた後は、平和のため、軍のため、理想のためとうたい…
あげく「君だったら同じ状況になったらどうする!?」…か。
この大人げない対応を見るに、アンドレイはかなり追い詰められているなぁ。
良心の呵責と迷いに押しつぶされそうなのかもしれない。

アンドレイのルイスへの気持ちは恋なのか、それとも傷の舐めあいなのか…今はもうわからない。

・覗き見イノベーター
こいつら何しにきたんだw
どこの女子中学生のイジメか!と思うほどのイヤミな事ばっかり言ってるのに、やっぱり可愛いと思ってしまう私はイノベ贔屓。

・じりひんですぅ!
ミレイナ、かわいいなwおまえw

・ライル(29)とアニュー
00初の大人タイム…!BGMが「Inovator」なのが切ないな。
でも日5時対策、というよりむしろ緊急時に備えてアンダー着用なところに吹いたw
(トレミー内は緊急時にそなえて就寝時もアンダー着用ってインタに載ってた)
(そもそも、前番組ギアスのほうがもっといろいろとやってた気がw)
しかし、この4ヶ月の間に二人とも愛を深めたようで。
でも見た感じ、二人ともお互いに愛し合ってるようなので安心しました。
どこか冷めていたライルもアニューに関しては本気なようだし、アニューもライルに惹かれているようだし…よかったよかった。
家族の事を訪ねられて動揺するアニューを「アニューが今、ここにいる。俺はそれでいい。」と抱きしめるシチュエーション、すごい好きだな。

ライルはアニューの変調には気付いているようですね…あんな金眼になれば誰でも気になるかw
この4ヶ月の間でアニューの変調⇒敵襲をもし何回か経験していたら、ライルもその関連性をうすうすと気付いているのでは?
少なくともアニューが普通の人間ではないことに気付いていると思います。
そして、リヴァイブとアニューの繋がりについて。リヴァイブはアニューの居場所もだけど、彼女の感情とかも知っているのかな。

・語られたニールとの思い出
やっぱり、昔からライルはニールと比較されて育ったんですね。
だからニールと比較されること、ニールと同じものを求められるのを嫌ったんだろうなぁ。
そして、昔もそれがいやでジュニアハイスクールの寄宿舎に、か。
宿舎にいたと言うことは、家族ともあまりすごしていなかったのかな。
ライルが家族への執着が少ないのもそれがあるのかもね。

「思い出なんかないよ」というライルを見て、コイツ意地をはってるなと思った。
できた兄貴と劣等感を持つ弟…
確執はあったと思うけど、ライルはニールを尊敬していると…そう信じていたいな。
そうじゃないとさ…最後まで家族を愛し、弟の未来を願って死んだニールの思いが報われない…。

まぁ、この「家族」「兄弟」の話は、今後の布石じゃないかと私は思ってます。
少なくとも、ここででてきたニールに対する劣等感はどこかで触れると思う。
私的にはティエリアがニールの敵討ちの為にアリーと戦うあたりで、そこらへんのことを回収してほしいな!とは思っていますがw
「兄さんは俺よりずっと優秀で完璧だった。そんな兄さんと比較されるのが俺は嫌だったね。」
「君はニールの事を何もわかっていない…あの人は完璧などではない。完璧ではないのが人間だと、私に教えてくれた…!」
とかきませんか?(むりだ!)

・ニールとティエリア
ニールがティエリアの正体に気付いたのは、いまだ謎のまま。
気付いた理由は2期でやるかも、と監督は言っていたけど…ライルがアニューの正体に気付いたのと、同じなのか?
そんなこと言ったら、ニールがティエリアにキスしている時に金眼になって…なんて妄想しちゃいますよ!監督!^^「キスしてる時にほうけんなよ…ティエリア」と言うニールまで受信しました(←)

まぁ真剣に考えれば、何かの拍子に金眼になったティエリアを目撃したことがきっかけだったのかもしれませんね。しかし、どういうシチュエーションなんだ…やっぱり二人で仲をふかめている最中に…ゴクリ。

・リジェネふいたwwwwww
なんだあのメガネのバーロー並みの光りっぷり!
シリアスなシーンなのに笑ったじゃないか!
世界の情報網をすべて支配するヴェーダの居場所が記されているのが、
もっともアナログな情報伝達方法「手紙」っていうギャップ…こういうのいいなぁ。
リジェネはやはり何か一石を投じるつもりだな。

・Mr.ブシドー!
奥義に磨きがかかりました!

・刹那を気遣うティエリア
本当に仲良しになったな、この子達。お母さん嬉しいです(´Д`。)
あと、ミレイナのとんでもない艦内放送に微笑するティエリアかわいいな。

・サジの決意と刹那の変化
「戦うことは破壊する事だけではなく、何かを作り出せる」
破壊することしかできないと自ら言っていた刹那が…!
ニールの「お前は変われ」という言葉、マリナの言葉が彼の生き方を変えたんですね。
ルイスに会いに行こう、と手を差し出す刹那が男前だ!

・出撃シーン
前回のアレマリのときは「雰囲気あわねー!」と酷評した挿入歌ですが、今回はよい感じにあっていたと思います。
ティエリア、今回の声かけはミレイナでしたね。たまにはフェルトからの声かけとか見てみたいなぁ。
フェルトとティエリアのニール大好き妖精組に、はじけるレモンミレイナが元気一杯に絡んでいく展開がみたいです(←)
出撃シーンでのアレルヤの「マリー、僕が君を守るよ」と呟いた後、ソーマの名を呼んだのがよかった。アレルヤはソーマの意志を尊重しつつ、マリーを守ることを決意したんですね。

・「愛してるよ」
さらっと言いやがるライル(29)も可愛いけど、動揺するアニューが可愛いくて仕方がない!
「え…あ…いいから行って!//」もうなにこのバッカップル!
「いつのまに!?」「恋の花が咲いたですぅ!」と大はしゃぎの中、さりげなくラッセが「まさに狙い撃ちだな!」と言ってるのに吹いたw
狙wwいww撃wwちww

まぁ真剣なことをいうと、この「愛してるよ」は、人間ではないかもしれないアニューをそれでも守りたい愛したい、というライルなりの決意の現われかもね。人間ではない「人型」を愛するのって覚悟がいると思うのです。ましてや、本人がそれを気付いていない上で。
アニューとライルの二人には幸せになってほしいな。
イノベも人と幸せに生きていける、って証明してほしい。
でも…すでにこの二人の絡み、不幸フラグにしかみえない(←)
アニューが腹黒イノベーター覚醒しそうだ…ガクブル

・フェルトー!
「おめでとうございます」と笑うフェルトが…つらい!うわぁあああなんかつらい!
フェルトの思いはニールに向けたものかもしれないけど、同じ顔をしたライルが他の女性に告白する姿を見るのは絶対辛いと思う。
それにライルはファーストキスをうばった人でもあるわけですし。
ライアニュを応援する一方で、フェルトのことをおもうとライルに怒りを覚えるよ!
ニール兄さんに一発弟への教育的指導をお願いしたい^^

しかしフェルト…1期からどうして好きな人が他の人といちゃつくシーンばっかり見るハメになるんだ…。ティエリアを励ますニールをみて「誰にでも優しいんだ」と寂しそうに笑うフェルトが印象的だった。
「誰にでも優しいんだ…」のシチュエーションって、あれきっついんだよ…ホント…。

・出撃前に心に思う人の名前を呟く⇒これなんて死亡フラグ\(^o^)/

dat1234081846131.jpg

まさかの二段階オチwwww
この流れで「ヴェーダ」「ガンダム」と呟く二人がとても愛おしいwだいすきだよ!
ティエリアはまぁ仕方がないとは言え、刹那…せめて「マリナ」と呼んであげて!


・怒涛のCパート
ひと時の平和を打ち破る、一発の銃声。
姫ー!
そしてリューミンに、リジェネは何をさせようとしている?

・来週
サジとルイスの誤解が解けるのかな?
OPのように二人が幸せになれるフラグだと信じたい。
リボンズとリジェネは完全に離別かな?リジェネはひっぱたかれたっぽいし。
しかし予告のティエリアの顔の凶悪さが半端ないw
なんだあの顔!1期の初期の頃のような性格の悪そうな顔だ!

次週「イノベーターの影」…アニューの中のイノベーターを示唆してるかな。


*総括
今週は話がえらい動きましたね。人間関係といい色々w
最終戦にむけてまとめた、って感じがする。
4ヶ月の間になにがあったんだ!と気になるけど、そこらへんは気にしたら負けかな!

今回は恋愛のことを全面にだしたところもあったけど、私は嫌じゃなかったです。
種運命のときにあんまりにもぐだぐだな恋愛関係をみせられて、一時期「戦争アニメでの恋愛」を嫌うようになったこともありました。恋愛とかそういうのではなく自分の理念の為に戦う姿がカッコイイ、そんな風に思っていました。

でも最近は、なんだろう、戦う理由として恋愛(それ以外の人間関係含め)があるのは自然なことかなって思えるようになった。
普通の人間は形のない思想のためだけに戦うことはできないと、私は思うのです。少なくとも、私にはできない。それよりも、自分の愛するものを守るために戦う、家族の仇を討つために戦う、というエゴな理由のためのほうが戦える。
結局、一人の個人としてエゴのために戦うほうが人間は強いのだと思う(よっぽどの狂信者でないかぎり)

1期ではCBは「イオリア計画による戦争根絶」という理念の為に戦っていた。
それが今は個人一人一人が自分の理由のために戦っている。
その変化を嫌う視聴者もいるかもしれないけど、私はこの変化を良いことだと思ってます。
そのほうが人間らしくて、泥臭くて、いい。
それに、恋愛が幸せの全てだとは決して思っていないけど、一緒に未来を歩む人がいるのは幸せなことだと思いますよ。ライルとアニューのことが色々と言われてるみたいだけど、私はべつにいいじゃないかと思うんですよね。私は見守りたいと思います。


・作品との向き合い方
自分の好きな作品が、自分の思い描く方向と違う方向にすすむのを否定するか、それとも、そうきたか!と楽しむかは個人の自由。
でも、私は折角その作品と出会えて好きになったのだから、どんな展開も受け入れて楽しむほうがいいなと思ってます。
現に私はすごく楽しく00を見ています。
子供の頃みたいに、毎週わくわくしながら放送をまっています。


否定するばかりではなく受けいれる姿勢って大切だと思いますよ。
心のもちかた次第で人生って変わるもんです。


COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 [DVD]クチコミを見る ☆<2/5更新>前回(第17話 「散りゆく光の中で」)の感想をポットキャストにて収録! アニメブロガーが集まりワイワイと語っております。聴きたい方は↓をクリック ★ガンダム00 第17話感想談義 *...
2009/02/09(月) 16:06:43 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 [Del

*** admin ** NewEntry ***

プロフィール

夏草 史/一二三

Author:夏草 史/一二三
女性向けから男性向けまで何でもOKな夏草史(通称:一二三<ひふみ>)によるブログ。





Counter



next mission...





カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -





Lc.ツリーリンク





メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © SummeR.... All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。