--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2009.03.09 *Mon

ガンダム00第22話「未来のために」詳細感想 

「僕を導いてくれ…ロックオン」でニールとティエリアの関係性がやっぱり大好きだ!と再確認しました一二三です。
ずっと大好きだけれどさらに愛が深くなりました。この二人の関係がたまらない。

・今更NTティエリア漫画を考察
ラジオのMrクロダさんによると、がゆん先生のNT漫画も監修されてるとのことで!
あの幻影ニールも、「うそつき!」も、「貴方に生きていて欲しかった…」「…オレもさ」も…全部公式だと!?色々とすごいな、本当にこの二人の絆がはんぱない。
「貴方に生きてほしかった」という泣くティエリアに対して、ニールの言った「…オレもさ」は「オレもお前に生きていて欲しかった」という意味なんだろうな、と今更確信した。
最初は「オレも生きていたかった」という意味かと思ったけど、その前のページで「いつだって生きるつもりだった」とニールは言ってるんだよね。同じようなことを二回も言わないだろうし(マンガの流れ的にも)、恐らく「お前に生きていてほしかった」がニールの言いたいことかなと考察。
最終決戦後、ティエリアはニールの元へ逝けると安堵したけど、ニールはティエリアが生きている事を望んでいたのか…お互いを思っているゆえのすれ違いが切ない。

追記より感想です!
************************
・BUSHIDO~武士道を探し続けた男の記録~
和室でホーマーさんと正座で向き会ったり、滝に打たれたりと違うアニメかと思いましたよ!
今回、本当に綺麗なブシドーでしたね。ブシドー改めグラハムはやっぱり可愛らしい顔立ちをしていらっしゃる。
グラハムは刹那を自分と同じ「戦うことしか出来ない歪み」として、ずっと焦がれていたのだろうな。だが刹那は4年前とは変わっていた。未来を望む刹那と勝利を望むグラハムの激突は、変革した刹那が勝利を収めました。
最後に頭部が壊れた時にフラッグがあらわれたのには驚いた…フラッグへの愛を、戦友と約束した「フラッグで仇を取る」という思いを忘れていなかったんだな…。
今後彼はどうするのか。
「武士道は死ぬことと見つけたり!」とMSに自害用の真剣まで置く彼が、最後に戦い以外のものを見つける事が出来るのかな注目するべき点ですね。

しかし、MSで真剣白刃取りにはコーヒー吹いたじゃないか、ガンダム!ww

・未来を生きるための戦い
1期では自分には戦うことしかできないと言っていた刹那は、2期では次第に戦いの先にあるものを意識するようになっていきましたね。
そして、未来を生きるために戦うと言い切った刹那。
サジはそんな刹那の言葉で腹をくくったのだろうな。
しかし、ルイスの事もちゃんときづかう刹那が本当に良い奴だ…惚れてまうやろ!

・ヴェーダの居場所
暗号を解析し位置を特定する地味な作業が面白かった。
しかし月の裏側か…直径15kmってどれだけデカイんだw
支援の連絡が着た時の「ママー!」なミレイナかわいかったです。

・総力戦の為に引き上げるイノベと小熊
リボンズがイノベーターたちを手元へと戻した理由、「来るべきモノ」とは一体なんなのだろうか。これがMrクロダがラジオで言っていた「新しいキャラ」なのかな、それとも概念的なもの?
そしてルイス…はやく、サジさん迎えにきてやってください。憎むべき相手を殺し復讐を遂げたけれども、ルイスは何か大切なものを失ってしまったのかもしれない。
ぼそりと呟いた「ざまぁみろ」にはぞっとした。
そしてイノベーターの証である金目…彼女の行末が心配です。この子には無邪気な笑顔が一番似合うよ、やっぱり。

・刹那がすごく主人公に…!
トレミークルーが集まり、激戦を前に決意を口にするシーンがよかったです。
戦うと決めたサジがイケメン作画でした。りりしい!
ティエリアの「イノベーターの支配からの人類開放」。
これはイノベであるティエリアが言うからこそ深い台詞だと思います。イノベでありながら人と心を通わせ、そして人でありたいと願うティエリア。イノベーターが上位として人を支配するのではなく、人と分かりあって対等に生きていく未来をティエリアは願っているのだろうな。
アレルヤの「自分とソーマのような人体実験の犠牲になる子供を作らない」、ライルの「連邦政府打倒」―
そして「俺たちは変わる、変わらなければ未来とは向きあえない」という刹那。
ニールの「これをやらなきゃ世界と向きあえねぇ」という台詞を思い出してぐっときた。
そしてラッセ!かっけぇ登場しやがって!あんまり無茶をしないでね…!
メンバーがそろい「いこう、月の向こうへ」と言う刹那が本当に主人公らしく格好よかったです。
あの刹那がここまで成長したのかと思うとなんだか涙が…お母さんの気分だよ!

ここのBGMがとても壮大で、大きなものが始まる前触れにふさわしくすごく好きです!

・そしてもう一つの勢力が動き出す
カタロンも宇宙へあがりましたね。こどもたちが無邪気で可愛いです、癒しだな。そしてマリナ様が本当にママ状態。
カタロンに戦術を送ったのは勿論彼女。少しずつ役者がそろっていく感じが面白い。

・( ´゚ω゚`):;*.':;ブッ
密度高!




      
ごめん色々吹いた。

純粋種である刹那と上位種であるリボンズ、どちらが人類を導くのか?と真剣に喋ってるリボンズ様には悪いが、もう後ろが気になって気になって仕方がないw
早々退場なさったディヴァイン・ブリングの置鮎ペアがまさかこんな風に帰ってくるとは…!
画面に200人くらいいるらしいよw

・刹那とフェルト
1期のニールの死後になんだかとてもいい感じ!だった刹那とフェルトでしたが、ここでまさか…!なんだか微笑ましいです、この二人。1期の時も思っていたけど本当にかわいいなぁ。OPで刹那と手を繋ごうとしている手はフェルト説が現実味をおびてきたw
でもフェルトは刹那を気になるって気持ちははっきりとした「恋」なのかどうなのかはわからないなぁ。ずっと昔から一緒に居る異性(しかも同年代)が気になるってよくあることだからね。恋とかそこまでいかずともちょっと気になる、そんな気持ち。でもそこから恋になることは多いしな…。
刹那自身は恐らく恋愛とかそういった類のものを誰に対しても意識していないと思う。
刹那にとってマリナは恋愛対象ではなく「同じ志を持つもの」として一貫して描かれてたし「そういう関係ではない」という言葉はある意味正しいかも。
ヒロインは恋愛をするだけの存在ではない、という監督のインタを思い出したwマリナと刹那は恋愛ではなく…うーん、もっと母性的なものかな?マリナの声と刹那ママの声は良く似ているという設定もありますし(*小説版より)。
そして、ここで渡された黄色い花、実は1期OPからずっと刹那のシーンにいるんだよね。
そして1期では、刹那の夢の中で荒廃したアザディスタンの復興をイメージするように咲いていた。この花が最終回までにどう演出されるのかwktkです!

・ティエリア
「僕を導いてくれ…ロックオン」
瞳を閉じてそう呟くティエリア。こういう演出がたまらなく好き!
心にニールのことを思い描いているのだろうな、と思わせるこういう演出がイイ。ニールはもういないけれどティエリアの心にはずっといるんだなと思うとホント涙が…。ティエリアにとって、ニールがどれだけ深い存在なのかというのを再確認する事が出来ました。
ふと思ったけど、かつては死を覚悟したときにニールを想って「これでやっと貴方の元へいける」と目を閉じたティエリアが、今度は未来を掴むために「僕を導いてくれ」とニールに想いを馳せて目を閉じた。これってニールが過去の悲しみではなく、未来を生きていく力にティエリアの中で昇華されているってことですよね。
やっぱニールとティエリアが大好きだ、この二人を好きになれて本当に心からよかったと思う!

・アレルヤとソーマ
「マリーとそう呼びたければ呼べばいい」とソーマがでれた…!
そしてアレルヤがいい笑顔をしていらっしゃった!優しいけれどカッコイイ表情でした。

・戦闘
いいねいいね、こういうの!燃える!
ガンダム各機も活躍してるし、戦術のぶつかり合いや駆け引きも面白い。
「トランザム、ライザー!」は相変わらずチートすぎて吹くけどwwすごく、長いです…。
ここのBGMも中々激しくて、戦闘にふさわしくていい!

・ライルとティエリア
あまりのMSの多さに圧倒されるガンダム各機。
そしてピンチに陥るティエリア。コクピットを狙うMS、その刃が振り下ろされそうになった時
―それを救ったのはライルだった。
1期でのニールがティエリアを庇ったあの時のシュチエーションがここで再現されるとは…。
でもあの時と違うのは、ケルディムにはシールドビットがあったこと。
ティエリアが2期ガンダムの開発に積極的に携わっていたという設定があるけど、これってまさかケルディムのシールドビットのことかな?あの時デュナメスにこんな防御シールドがあればニールは、と思いながらシールドビットを開発したとかだったら、本当に切なくて泣いてしまいそうだ…。
しかしシールドビットでセラヴィーを守った後、ライルがMSにケルディムごと体当たりしていてびっくりしたw狙い撃たずに体当たりなのか!まぁ粒子かく乱されててビームの性能が落ちてたってのもあるとは思うけど…体当たりwディランディさんちの兄弟は誰かを守ることに必死になると、思わず身体ごとつっこんでいく体質だとした、そういうのすごくいいと思うよ!
このシーンでライルにも仲間意識がちゃんとあるし、そしてライルの中にもニールのような「世話焼き」なところがあるんだと感じました。
ティエリアを助けてくれてありがとう、本当にありがとうライル。

・援軍ktkr
トレミーがピンチになったとき、あらわれた援軍!
それはカタロン、そして大佐ぁ
最初からアロウズに不信感を持っていた彼女でしたが、軌道エレベーターの件とセルゲイさんの件でやはり離反を決心していたんですね。
不死身のコーラもカムバック!戦場に役者がそろいましたね!
大佐の周りがイケメンオペレーターばかりでハーレム状態でうらやましいです(!)

・良男の最期
神作画の無駄使いww
味方ごと撃てやら逃げ出すやらキノコ並みに良い悪役でした。
彼の「可憐だナァ」発言は忘れないよw


・Cパート
イノベの中でもリボンズだけは特殊なんですかね。上位種、創造主―リボンズはいつだって余裕。
そんなリボンズに全てを見透かされていたことを指摘され、そして何かビジョンを見せられたのかな激高するリジェネ。リジェネは銃を取り出しリボンズを撃ちぬく―ここのシーンが「君は心を許しすぎた、愚かな人間に」とロックオンを侮辱されて銃をとりだしたティエリアとよくにてるなと思った。感情の赴くままにやっちゃうあたりが(←)
そして「人類を導くのはこの僕、リジェネ・レジェッタだ!」はティエリアの「僕を導いてくれ、ロックオン」と対照的で面白かったです。同じ塩基配列なのに似てたり全然違ったりw
考え方については本当に対照的だと思う。
 リジェネはイノベーターとして人間を上から目線で導く ⇒男性的な発想
 ティエリア人間として人間であるニールに導いてもらいたい⇒女性的な発想
だなと思った。
しかし導いてもらいたいって…なんだろうこっちが照れてきたよ!
おセンチな台詞がティエリアには良く似合うとおもうよ!

しかしリボンズが全く死んだ気がしない件についてww


・予告
来週はとうとうヴェーダ、そしてイノベーターの母艦がでてくるみたいですね!
そして、ここでまさかの0ガンダム参戦!誰が乗っているんだろ?打倒な所でラッセかな?
しかし閃光の数だけ、命が消えるって不吉なナレーションやめてください。
心配で胃が痛くなっちゃうから!


・総括
決戦前にそれぞれの戦う意味と、そして戦いだけではなくその果てにある未来を意識させる回でしたね。かつて自分たちが武力介入し変わった世界のゆがみを―今度こそ正す。そして世界と今度こそ向き合う。
戦闘も一気にアロウズ艦隊突破し、真の敵であるイノベーターまでいきましたね。
来週はvsイノベでしょうか。
激しい戦闘が続きそうですから、みんなが生き延びてくれるのか心配です。ルイス、ラッセあたりが本当に怖くて…みんな生きるための戦いをしてくださいね、と心から祈ってしまう。

あと量産型赤髪の声を全部置鮎さんがやるのか気になるのですがw


COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]クチコミを見る ☆<3/06更新>前回(第21話 「革新の扉」)の感想をポットキャストにて収録! 「人類初のイノベイターとは?」、「マリナの歌のシュールさ」、「この先にあるのは人類補完計画?」等、アニメブロガーが集...
2009/03/10(火) 01:22:43 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 [Del
 考えてみればガンダム世界の政治ってとんでもないよね。  まず1stは地球連邦、トップは一体誰なんですか?レビルさんはあくまで軍の...
2009/03/11(水) 00:56:09 | 世界日本ハムの哀れblog@非公式 [Del

*** admin ** NewEntry ***

プロフィール

夏草 史/一二三

Author:夏草 史/一二三
女性向けから男性向けまで何でもOKな夏草史(通称:一二三<ひふみ>)によるブログ。





Counter



next mission...





カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





Lc.ツリーリンク





メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © SummeR.... All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。